コロナ陽性日記⑥

■8月6日

10時頃

起床、SMSにて本日より健康状態の入力お願いの連絡がきていることに気づく。

自宅療養解除予定日は8月13日、

予定日の翌0時をもって自動的に自宅療養終了との報告あり。

特段の連絡なし、及び8月10日から8月13日まで症状軽快(解熱剤を使用せずに解熱し、呼吸器症状が改善傾向)の場合、

8月14日0時から自宅療養解除です。

といった記載の方が分かりやすいのではないかと考えつつも、

報告をありがたく受け止める。


本日の体温は36.4度。

昨日免疫システムの動画を視聴し、頑張れ俺の免疫!と念じていたのが効果を発揮したようだ。

昭和生まれなので根本の考え方が「大抵は気合で何とかなる」である。

喉の痛みは強いまま、ダルダルメシアンも絶賛お散歩中。

昨日の鍋の残りを食す。

パルスオキシメーター(血中酸素測定器)を試したいという衝動に駆られる。

必要な方には届けてくれるようだ。

重症ではないからな、厳しいかな、衝動を抑え込む。

ささみ焼きを食す。

梅と柚子胡椒で。

最早居酒屋。

酒は呑んでない。

閲覧数:418回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■8月1日まで 特に体調に変化なし。 7月から休肝日を設けることに成功しており、むしろ体調は良い。 暑さでダルダルメシアンが顔を出すこともあるが、毎年のことである。 夏より冬が好き。 そういえば今日は分子マスクについての話を聞きました。 コロナによってマスク需要が増加しているが、 そもそもコロナは飛沫感染ではなく空気感染をする可能性があり、 不織布のマスクでは感染防止能力に疑問があるようです。 不

■8月2日 若干喉に違和感を感じる。 いつもより乾いた感じ、痛みはないようだ。 クーラーがんがんの部屋と猛暑の外の往復をしている為、 寒暖差によって表れた症状であろう。 やはり夏は苦手、テンションで吹き飛ばさなければいけない。 キンキンに冷えたハイボールでアルコール消毒を行いつつ気分を上げ、 レガーロ参宮橋、小倉智巳シェフのyoutubeを見ながら辛めのスパゲッティアラビアータを作る。 小倉知巳の

■8月3日 5時 喉の違和感が継続している。 ちょうど目が覚めた為、自宅にあったエスタックイブファインEXを服薬。 個人的に、市販薬の中で「EX」や「DX」が付いているものは劇薬認定している。 凄く効く、ような気がしてならない。 実際、怪しいと思った時に飲んどけば大体治るのです。 ※某お医者様曰く、「市販の薬はラムネだよ」 日中 喉の違和感が継続している。 仕事やら勉強やら制作やらネットショッピン