コロナ陽性日記⑦

■8月7日

10時

起床。

体温は35.8度、私の平熱に着地。

インターホンが鳴り郵便局からの届け物。

「感染症対策でドア前に置いときます」と接触はなし。

ドア前にはパルスオキシメーター(血中酸素測定器)のプレゼント、

昨日の衝動が伝わった、感謝。

早速人差し指を挟んで測定、デジタル式で酸素濃度と脈拍が出現。

ギターのクリップチューニングとほとんど変わらない。

上がったテンションは通常に戻る。

薄めの出汁の温そうめん、胡麻パラパラして食す。

豚ヒレがあるので塩焼きにしてレモンかけてレタスを添える。

そうめんは栄養が偏るので、おかずをある程度充実させるのが吉。


日中

釣りのリールを分解してベアリングを追加する。

楽しい。


面倒なので永谷園の梅お茶漬けに梅増量して食す。

いつも思うのですが、

永谷園のお茶漬けって何かが入ってるような気がしてならない。(何かは分からない)

うますぎる。

お茶漬けの中に入っている細いせんべいみたいなやつ、

あれ、みんなせんべいだと思って食べてるんだよね。


本日は中小企業診断士一次試験最終日。

コロナで受験出来ず。

受験料14500円がお布施となって消える。

閲覧数:359回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■8月1日まで 特に体調に変化なし。 7月から休肝日を設けることに成功しており、むしろ体調は良い。 暑さでダルダルメシアンが顔を出すこともあるが、毎年のことである。 夏より冬が好き。 そういえば今日は分子マスクについての話を聞きました。 コロナによってマスク需要が増加しているが、 そもそもコロナは飛沫感染ではなく空気感染をする可能性があり、 不織布のマスクでは感染防止能力に疑問があるようです。 不

■8月2日 若干喉に違和感を感じる。 いつもより乾いた感じ、痛みはないようだ。 クーラーがんがんの部屋と猛暑の外の往復をしている為、 寒暖差によって表れた症状であろう。 やはり夏は苦手、テンションで吹き飛ばさなければいけない。 キンキンに冷えたハイボールでアルコール消毒を行いつつ気分を上げ、 レガーロ参宮橋、小倉智巳シェフのyoutubeを見ながら辛めのスパゲッティアラビアータを作る。 小倉知巳の

■8月3日 5時 喉の違和感が継続している。 ちょうど目が覚めた為、自宅にあったエスタックイブファインEXを服薬。 個人的に、市販薬の中で「EX」や「DX」が付いているものは劇薬認定している。 凄く効く、ような気がしてならない。 実際、怪しいと思った時に飲んどけば大体治るのです。 ※某お医者様曰く、「市販の薬はラムネだよ」 日中 喉の違和感が継続している。 仕事やら勉強やら制作やらネットショッピン