コロナ陽性日記⑧

■8月8日

8時

起床。

体温は35.7度、酸素濃度95%。

洗濯やら掃除やらを行う。

喉の痛みはまだ継続中。

起きて即家事を行なった為か、ダルダルメシアンが尻尾をふっている。

昼は焼きそばにしよう。

焼きそばを作って食べる。

焼きそばは、焼きそばであって、そばをしっかり焼かないといけない。

野菜と豚肉をソースで炒め別皿に移しそば焼きスタート。

しっかり焼いて焦げ目がつき、そばの水分が少なくなった頃に野菜炒めを投入。

野菜炒めはべしゃべしゃでも問題無し、むしろ野菜の水分が多く出てる方が良い。

焼いて水分が抜けたそばと合わせるとちょうど良くなる。

紅ショウガを忘れてはならない、新生姜等で代替は許す。

ケチャップをかけて食べるのが中々美味しい。

納豆を入れるのも最高だが、全く別のものになるので今回は行わず。

夕方

感染対策課の方から「大丈夫ですか」と電話連絡あり。

酸素濃度の数値が95%の為、心配してくれて連絡頂いた模様。

感謝、僕はここにいるよ。

パルスオキシメーターは深呼吸をしながら使用し、

計測された一番高い数値を報告してほしいとのこと。

使用方法にそれは是非書いてほしい。

療養解除日について復習して通話終了。

ささみ卵とじ稲庭うどん(温)を食す、和風出汁で優しい。


別の食べ方で、稲庭うどんは茹でて湯を切って椀に入れ、

鰹節、梅をのせて醤油を一回し、ほんの少しお湯を入れてぐちゃぐちゃして食べるとおいしいです。

閲覧数:300回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■8月1日まで 特に体調に変化なし。 7月から休肝日を設けることに成功しており、むしろ体調は良い。 暑さでダルダルメシアンが顔を出すこともあるが、毎年のことである。 夏より冬が好き。 そういえば今日は分子マスクについての話を聞きました。 コロナによってマスク需要が増加しているが、 そもそもコロナは飛沫感染ではなく空気感染をする可能性があり、 不織布のマスクでは感染防止能力に疑問があるようです。 不

■8月2日 若干喉に違和感を感じる。 いつもより乾いた感じ、痛みはないようだ。 クーラーがんがんの部屋と猛暑の外の往復をしている為、 寒暖差によって表れた症状であろう。 やはり夏は苦手、テンションで吹き飛ばさなければいけない。 キンキンに冷えたハイボールでアルコール消毒を行いつつ気分を上げ、 レガーロ参宮橋、小倉智巳シェフのyoutubeを見ながら辛めのスパゲッティアラビアータを作る。 小倉知巳の

■8月3日 5時 喉の違和感が継続している。 ちょうど目が覚めた為、自宅にあったエスタックイブファインEXを服薬。 個人的に、市販薬の中で「EX」や「DX」が付いているものは劇薬認定している。 凄く効く、ような気がしてならない。 実際、怪しいと思った時に飲んどけば大体治るのです。 ※某お医者様曰く、「市販の薬はラムネだよ」 日中 喉の違和感が継続している。 仕事やら勉強やら制作やらネットショッピン