コロナ陽性日記⑩


■8月10日

10時頃

起床。

体温は35.9度、酸素濃度99%。

最早完治か。

米、塩こん部長、ツナ卵焼き、レタス味噌汁を喫食。

絶望ライン工さんにあやかり、喫食といった言葉を使うことにしました。

塩昆布は好きな米のおかずとして常に5本の指に入ってくる。

米のおかずはシーズンによって入れ替わりが激しいが、

塩昆布は常に上位にいる。

最早レジェンド。


現在の米のおかずランキング

①ハム目玉焼き(井上尚弥さん)

②梅干し(メッシさん)

③塩昆布(フェデラーさん)

④納豆(三浦知良さん)

⑤ツナポン酢(ステフィンカリーさん)

ビシソワーズを作りました。

ジャガイモをコンソメで煮込み、柔らかくなったら牛乳入れてちょい冷まし。

しっかり冷めたらミキサーかけて、キンキンに冷やして出来上がり。

生ハムレタスサラダとバゲットも添えて喫食。 サラダのドレッシングは塩、酢、醤油、オリーブオイルのシンプルなもの。

ドレッシングをかけた後にうっすらとコショウをふると締まります。

閲覧数:257回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■8月1日まで 特に体調に変化なし。 7月から休肝日を設けることに成功しており、むしろ体調は良い。 暑さでダルダルメシアンが顔を出すこともあるが、毎年のことである。 夏より冬が好き。 そういえば今日は分子マスクについての話を聞きました。 コロナによってマスク需要が増加しているが、 そもそもコロナは飛沫感染ではなく空気感染をする可能性があり、 不織布のマスクでは感染防止能力に疑問があるようです。 不

■8月2日 若干喉に違和感を感じる。 いつもより乾いた感じ、痛みはないようだ。 クーラーがんがんの部屋と猛暑の外の往復をしている為、 寒暖差によって表れた症状であろう。 やはり夏は苦手、テンションで吹き飛ばさなければいけない。 キンキンに冷えたハイボールでアルコール消毒を行いつつ気分を上げ、 レガーロ参宮橋、小倉智巳シェフのyoutubeを見ながら辛めのスパゲッティアラビアータを作る。 小倉知巳の

■8月3日 5時 喉の違和感が継続している。 ちょうど目が覚めた為、自宅にあったエスタックイブファインEXを服薬。 個人的に、市販薬の中で「EX」や「DX」が付いているものは劇薬認定している。 凄く効く、ような気がしてならない。 実際、怪しいと思った時に飲んどけば大体治るのです。 ※某お医者様曰く、「市販の薬はラムネだよ」 日中 喉の違和感が継続している。 仕事やら勉強やら制作やらネットショッピン